前へ
次へ

ワクチンでも予防できないインフルエンザとは

製薬業界では、常に新しい薬が作られています。
ワクチンもその1つです。
病気が大流行すると大変なので、予防薬も作られ続けています。
しかしウイルスによっては、たとえ予防薬を接種していても効果が発揮されない事があります。
ウイルスも進化を続けているからです。
ワクチンは、確かに既存のウイルスに対しては有効です。
かつて大流行したインフルエンザのウイルスを防ぎたいなら、ワクチンを接種しておくのは有効ではあります。
しかし新型のウイルスは、その限りではありません。
たとえワクチンを接種してみても、あまり効果が発揮されない事があります。
その理由は、ウイルスがワクチンに強くなっているからです。
もともと人間には、自分の細胞を守る力は備わっています。
体内には多くの免疫細胞があって、たとえ細菌類やウイルスが侵入してきても、その細胞が攻撃を仕掛けてくれる訳です。
ワクチンを接種しておけば、そのウイルスに対して新しい情報を教えることができます。
すると免疫細胞が学習して、体はウイルスにも強くなる訳です。

大がかりな歯科治療はいたしません
ちょっとした治療で患者様の歯並びを整えることができます

チーム全体にチェック検査
産業医が御社のチームそれぞれにストレスチェックを行います

行徳のお子様に言葉の発達支援サポート
食事の食べ方から話し方、歯のケアまで総合的にサポートします

地域密着の草加東口歯科クリニック
草加市の皆様のお口の健康を支える歯医者です

自分の希望に合うお仕事を探すのにおすすめのサイトです

ところで細胞が学習しているのは、何も人間だけではありません。
ウイルス側も、徐々に新たな情報を学習し続けています。
たとえワクチンが開発されたとしても、ウイルスがその情報を記憶してしまいますから、ワクチンが効果を発揮しない新種も登場する訳です。
ワクチンを接種すれば、必ずしもインフルエンザを予防できるとは限りませんから、注意が必要です。
ところで冒頭でも触れた通り、製薬会社は常に新しい薬を研究し続けています。
新型ウイルスも例外ではありません。
インフルエンザの状況が一変した時でも、製薬会社の方々は新しい薬を開発して、新型ウイルスに対抗できるケースも多々あります。
ですから新型ウイルス用の薬が新開発されれば、新たな脅威にも対抗できるようになります。
そのようなやり取りを、すでに何度も続けてきました。
今後新たなウイルスが登場した時でも、製薬業界も新たな製品を開発していくと想定されています。

Page Top