前へ
次へ

色んな助けでインフルエンザを予防

インフルエンザA型において、ビタミンDを投与した人の発症率が4割減少する医療機関のデータがあります。
毎年流行するインフルエンザ、ひかない対策はビタミンDにあるのかもしれません。
抗ウイルス作用が、今もなお研究されています。
というのは、いつ新型ウイルスが発見されるか分からず、バリアに働く術は研究しかありません。
発熱も40℃以上、寒気を強く感じたり、何よりも飛沫感染というだけあって、やたらと咳がたくさん出るのです。
風邪と違って鼻水が出ることは少ないものの、耐え難いのは頭痛や関節痛の痛みでもあります。
家族から介抱してもらうにしても、家族が感染してしまうことも少なくありません。
サプリメントでビタミンを摂取してから看病しましょう。
うがいは、水道水よりうがい薬がおすすめ、炎症の悪化を防ぎ、のどの腫れを和らげてくれます。
家電にも助けられます。
空気清浄機、布団乾燥機、洗濯機やエアコンなどは、ウイルスを洗い流すにはうってつけです。

Page Top